2012年09月25日

Apple Power Vol.26

MacBook Proのハードディスク残量がヤバイ!
iPhone 5のバッテリー、持ちが良い印象♬
Dropboxを活用しよう♬
iOS 6のマップはテレビのニュースでも取り上げられる程の大事件! これを楽しめるのが真のマックユーザーなのだ!
iPhone 5、好評発売中!
Apple Store 仙台一番町に並びましたよ♬
iPhoneの進化の歴史を復習する♬
au版iPhone 5では、WiMAX搭載でテザリング解禁になったりして・゚(。・。・。)。゚・
[東京 9日 ロイター] ソフトバンク<9984.T>は9日、米イーベイ<EBAY.O>子会社でオンライン決済大手のペイパルと決済事業で日本に合弁会社を設立すると発表した。資本金は20億円で、両社の折半出資により「ペイパルジャパン(仮称)」を7月めどに設立する。

国内のスマートフォンユーザーを対象に、ペイパルの決済サービスを提供していく。

記者会見した孫正義社長は「日本のオンライン決済のディファクトスタンダードを作る」と述べた。さらに「合弁会社を成功させて、将来はヤフー・ジャパン(ヤフー<4689.T>)のように上場させる」という。共同会見したイーベイのジョン・ドナホー社長は「日本は重要な市場だと再確認した。グローバル決済の会社として日本でもナンバーワンを取っていく」と語った。

また、会見に同席したペイパル代表のデビット・マーカス氏は、合弁会社の具体的な事業として、クレジットカードリーダーの「ペイパル・ヒアー」を発売すると発表した。クレジットカードを扱えない小規模事業者でも、このデバイスをスマートフォンに差し込めばクレジットカード決済を受け付けることが可能になる。10日から一部のソフトバンク店舗でテスト販売し、7月から本格展開する。デバイスの料金は1200円で、取扱高の5%を取り扱い店舗から徴収するビジネスモデルという。

合弁会社のCEOには、3月末までヤフーの最高執行責任責任者(COO)を務めていた喜多埜裕明氏が就任する。合弁会社には、ソフトバンクから喜多埜氏ら3人、ペイパルから3人の役員を迎える。

(ロイターニュース 村井令二;編集 田中志保)

クイズ形式
❶ジョブズさんの誕生日は?

ボジョレー解禁も良いがiPhoneテザリング解禁をお願いします!

SiriがiPhone 5から日本国対応になるとかなりおもしろくなる!


「iTunes」不正利用が多発
(11月18日 4時0分)お気に入りに登録
アメリカのアップルが運営する世界最大のインターネットの配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」で、利用者がソフトを勝手に購入されるトラブルが国内で増えて、ことし7月以降で4000件近くに上ることが分かりました。
「iTunes」は、アメリカの大手コンピューターメーカーのアップルが運営する配信サービスで、利用者はIDとパスワードを登録したうえで、クレジットカードなどを使って音楽やゲームなどのソフトを購入します。複数のカード会社によりますと、国内の利用者のIDが何者かに不正に利用され、ソフトを勝手に購入されるトラブルがこのところ増えて、ことし7月以降で少なくとも4000件近くに上るということです。カード会社によると、ほとんどのケースでは不正に利用されたことが認められ、利用者は代金を払わずに済んでいるということです。アップルの日本法人では「社内からIDやパスワードなどの情報は流出していない」と話しています。iTunesについては、去年も不正利用のトラブルが相次いだことがあり、消費者庁が実態を調査しました。独立行政法人の情報処理推進機構では、利用者が偽のサイトにだまされて個人情報を入力してしまったなどさまざまな原因が考えられるとして、パスワードを定期的に変更することや、複数のサービスで同じパスワードを使わないことなどを呼びかけています。千葉県に住む会社員の井野宏紀さんは、iTunesで先月下旬にゲームソフトなどを勝手に購入され、2万円余りの請求書が届いたということです。IDが不正に利用されたことが認められて代金を支払わずにすみましたが、もとのIDは使えないままで、これまでに購入したソフトの管理などができなくなっています。男性は「IDとパスワードは適切に管理してきたつもりだが、勝手に利用されてしまい、怖くなった。利用者には、もっと注意喚起が必要だと思う」と話しています。

iPad、米国の子どもが一番欲しいクリスマスプレゼントに――Nielsen調べ

2011年11月18日金曜日 7:29

佐藤由紀子,ITmedia

Nielsenによると、米国の子ども(6〜12歳)の44%が、ゲーム専用端末よりもiPadをクリスマスに欲しがっている。


 米国の6〜12歳の子どもの44%がiPadをクリスマスに欲しがっている――。米調査会社のNielsenが11月17日(現地時間)に発表した「向こう6カ月中に欲しい消費家電」調査結果によると、子どもの間でも米AppleのiOS端末がゲーム専用端末より人気があるようだ。

 iPadは2010年の同様の調査でもトップだったが、前年(31%)よりさらに人気が集中した。2位はiPod touch、3位がiPhoneと、Apple製品が上位を独占した。iPadの価格は449ドルから、iPod touchは199ドルからだ。ゲーム専用端末としては任天堂のNinendo 3DSが6位でトップ。米MicrosoftのKinect for Xbox 360が7位でこれに続く。

 13歳以上でもやはりiPadがトップ(24%)だった。昨年はPCがトップで、iPadは4位だった。昨年は5位以内に入っていなかった電子書籍リーダーがPCと並ぶ2位になった。なお、この調査は10月に実施されており、米Amazon.comのKindle Fireは9月に発表はされているものの、発売は11月だ。

スティーブ・ジョブズの凄い所は、アップルに復帰した後、WWDCにビル・ゲイツを呼び、Microsoftと提携したこと。
ちなみに、iPhoneでまいくと入力すると、Microsoftが表示されます。
過去にはいろんな事があっても、今は盟友。
スティーブ・ジョブズは、器がデカイ!心が広い!
posted by Macuntosh at 10:05| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。